名古屋東店ショールーム

国重要無形民俗文化財!!

お疲れ様です、豊橋営業所の清水です。

 

今回は、地域のお祭りを一つご紹介します。

 

その名も『豊橋鬼祭』

1489308881227.jpg

このお祭りの歴史は深く天慶2年(939年)までさかのぼります。

 

今では国重要無形民俗文化財として大切にされている御祭神となっています。

 

この鬼祭りは奇祭ともされています。

 

白い粉とたんきり飴を大量にまき散らして地域を走り回る変わったお祭りとして紹介されていま

 

す。

 

『無病息災』として、この白い粉をかぶると一年健康で過ごせるとされています。

 

この鬼祭りには大きく分けて二人の登場人物が主役となります。

 

悪の暴ぶる神として赤鬼。善の武神として天狗。メインは『天狗と赤鬼のからかい』

 

祭りの簡単な内容は、赤鬼が村の貯蔵している穀物を悪戯して村人を困らせていました。

 

それを見かねた天狗がこらしめる為に薙刀を振りかざして赤鬼を追い詰めます。

 

追い詰められた赤鬼は、たまらずその場から間一髪逃げてこらしめられます。

 

これが天狗と鬼のからかいとして『護国豊穣』を願う祭りの内容となります。

 

この祭りはこんな有名人も見物をしています。

 

徳川家康公です。

 

まだ幼少期の竹千代と銘うって、今川義元の囚われの身となっていた頃にこの鬼祭りを松の切り

 

株に腰かけて見物したという書物も残っているとのことです。

 

このような地域で守るべき歴史や伝統を大切にしつつ地域の皆様と一緒に自分の活躍できる場

 

でしっかり地域貢献できるように頑張って行きます。

 

今回は地域文化の紹介をさせて頂きました。


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ